EURO国際会議で博士課程学生が研究発表を行いました

2019年6月23日~26日まで,アイルランド・ダブリンで開催された国際会議 30th European Conference on Operational Research (EURO 2019)にて,博士課程2年の柿本陽平君が,”Optimal facility location model for freight vehicles to exploit buffer times efficiently”というタイトルにて研究発表を行いました。当該会議は欧州の有力な研究者が多数集まる国際会議で,発表だけでなく,他の研究者の発表も聴講することで,当該・関連分野の近年の研究動向を探ることもでき,発表者・引率教員とも有益な体験になりました。(執筆:五島洋行)