法政大学 経営システム工学科
法政大学 経営システム工学科 浦谷 規教授
URATANI Tadashi
「金融をエンジニアリングする」
経営システム工学科 工学研究科システム工学専攻

法政大学 経営システム工学科 金融工学研究室

株価などの投資対象の科学的分析には、伊藤積分を応用した基本理論があります。その原理は「投資額ゼロから将来にリスクなしで利益がある」取引が存在しない、という当たり前の考えを基礎にした高度な数学を使います。ネットワーク社会ではお金の移動はコンピューター上で可能です。数学とそのプログラミングのできるエンジニアが求められています。金融工学研究室は大学院教育を中心として、金融工学に必要とされるこの2つの能力をもつ人材を輩出してきました。
法政大学 経営システム工学科

研究テーマ

ローカル・タイム理論を応用した投資理論、年金とポートフォリオ選択。

論文データ

論文詳細データへ

最近の著書

無裁定理論とマルチンゲール(朝倉書店)

社会的活動

日本オペレーションズ・リサーチ学会員、日本証券金融工学学会員、Bachelier Finance Society会員など

主な担当授業

数理統計学、極値理論とリスク管理、金融工学、企業財務論、ファイナンス理論特論、デリヴァティブ特論など