法政大学 経営システム工学科
法政大学 経営システム工学科 五島 洋行教授
GOTO Hiroyuki
勘と経験を科学する
経営システム工学科 工学研究科システム工学専攻

法政大学 経営システム工学科 経営数理工学研究室

我々が日常的に接する様々な経営システムにおいて、従来は熟練者の勘と経験に基づいて行われていた意思決定を、非熟練者やコンピュータでも行えるようにするための、システムのモデル化や解析の方法などについて研究を行っています。対象業種としては、製造業から流通・小売業にいたるまで幅広くカバーしており、キーワードとしては、小売業向けの需要予測や、製造業向けのJITスケジューリングなどが挙げられます。これらは、IT技術の進歩やコンピュータの計算性能の向上によって初めて実用化された方法も多く、それだけにまだ十分に検証されていない理論や、未解決の問題などもかなり残っています。定性的にはなじみのある簡単な「問題」でありながら、それがなかなか「解けない」「解決できない」。挑戦と妥協の繰り返し、それが経営科学分野の研究の面白いところでもあり、大変なところでもあります。
法政大学 経営システム工学科

研究テーマ

離散事象システムの最適制御とそのスケジューリング問題への応用、時空間データの特徴点・量・領域の効率的な計算方法

論文データ

論文詳細データへ

最近の著書

Modelling Methods Based on Discrete Algebraic Systems, Aitor Goti Eds., Discrete Event Simulations, Sciyo(分担執筆)

社会的活動

計測自動制御学会、日本オペレーションズリサーチ学会、電子情報通信学会、IEEE 会員

主な担当授業

オペレーションズリサーチ、経営工学計算演習応用など

業績

システム制御情報学会 論文賞 2004年、船井情報科学奨励賞 2007年、インテリジェント・コスモス奨励賞2008年、Best Paper for the 9th WSEAS International Conference on APPLICATIONS of COMPUTER ENGINEERING 2010年