法政大学 経営システム工学科
法政大学 経営システム工学科 江ア 和博准教授
ESAKI Kazuhiro
経営システム工学科

法政大学 経営システム工学科 生産システム研究室

20世紀、日本は数千年にわたって先人が蓄積してきた優れた伝統文化や技術の上に、いち早く西欧の科学技術を導入し、新たな技術を培うことによって、世界有数の先進工業国家として大きく世界に羽ばたき、豊かな社会を実現しました。
しかし、近年、制約のない大量生産と経済成長が地球環境の破壊と資源の枯渇の問題を引き起こし、人類の未来に大きな影を落としています。21世紀、日本には成熟した先進国家として、有限な地球環境に配慮し、共生が可能な豊で持続的社会の実現を目指して、さらなる技術革新と世界をリードする指導者としての役割が求められています。
生産活動には、それに影響を及ぼす社会・経済環境及び、企業経営、工場や生産ライン、研究開発や個別プロジェクト活動などがあり、これらの活動主体である人間と、これらを包含して、全ての局面において必要不可欠な品質の問題があります。
当研究室では、これらの諸々の生産活動の現象面に着目し、優れた製品やサービスなど、品質の高い価値を効率よく生み出し、これに携わる人間が真に幸福になれる新しい社会の構築を支える管理技術の開発を目指します。

研究テーマ

要求、プロジェクト、生産システム、ソフトウェア、サービス、投資リスクなどを対象に工学的なアプローチを適用し、プロダクトとプロセスを可視化してPDCAサイクルを回し、価値や品質、効率の向上を図るための測定・評価・予測モデル及び管理技術の開発を進めます。

論文データ

論文詳細データへ

最近の著書

これならわかる生産管理(技報堂出版)、技術士ハンドブック(日本技術士会)、
プロジェクトマネジメント(共立出版)(いずれも共著)

社会的活動

ISO/IEC JTC1/SC7 プロジェクトエディタ、情報処理学会情報規格調査会 委員、プロジェクトマネージメント学会会員、日本技術士会会員

主な担当授業

プロジェクト管理、生産管理、応用生産システム、TQM(Total Quality Management System)、産業経済論

業績

日経品質管理文献賞、情報処理学会 情報規格調査会標準化貢献賞、国際規格開発賞