法政大学 経営システム工学科

同窓会会則

第1章 総則

第1条

本会は,法政大学工学部経営工学科同窓会と称する。

第2条

本会は,事務局を法政大学理工学部経営システム工学科研究室内に置く。 経営システム工学科との関係を密接にし、その発展に寄与することを目的とする。

第3条

本会は,会員相互の親睦を図り,会員と法政大学工学部経営システム工学科との関係を密接にし,その発展に寄与することを目的とする。

第4条

本会は第3条の目的を達成するために次のことを行う。

(1)理系同窓会の会員名簿,機関紙の編集,その発行に参画する。
(2)講演会その他諸会合の開催及び見学会。
(3)後輩の援助及び指導
(4)その他,本会の目的達成に必要な事項。

第2章 会員

第5条

本会は、次の会員をもって組織する。

(1)法政大学工学部経営工学科卒業生 正会員
(2)法政大学専門学校経営工学科卒業生 正会員
(3)法政大学理工学部経営システム工学科卒業生 正会員
(4)前項の他経営システム工学科教員 特別会員

第3章

第6条

本会に次の役員を置く。

(1)相談役 若干名
(2)会 長 1名
(3)副会長 2名
(4)理 事 卒業毎に2名
(5)常任理事 5名(事務局を含む)
(6)監 事 2名

会長,副会長及び常任理事,監事は理事会において理事により選挙する。理事は卒業毎に各2名を選挙により,これを定め,同期,同窓生の代表権を有する。但し,理事出席,会員過半数の同意を得たときはこれを指名することができる。

第7条

会長は,本会を代表し会務を統理する。

第8条

副会長は,会長を補佐し会長事故あるときは,その職務を代行する。

第9条

理事は,会則に定めた事項ならびに,総会より委任を受けた事項についてその議決を行う。

第10条

常任理事は,会務を統理する。

第11条

監事は,本会の会計を監査し,理事会及び各種役員に出席して意見を述べることができる。

第12条

役員の任期は,2年とし,各選任の日よりこれを起算する。役員の任期終了後でも後任者の就任するまでの職務を行うものとする。

第13条

会長が相談役を指名する。

第14条

会長は初期を任免することができる。

第4章

第15条

本会の会議は,総会,理事会,役員会とする。

第16条

総会は毎年1回開催し事務会計及び必要事項を報告する。臨時総会は,会長が必要と認めた時之を召集する事ができる。

第17条

総会召集の通知は郵便又は,理事会の決議により定めた方法をもって,之を行うものとする。

第18条

理事会は会長が必要と認めたとき,これを開くものとする。

第19条

役員会は会長,副会長,常任理事で構成する。

第20条

総会の議長は会長が之を指名する。理事会の議長は会長が之に当たる。

第21条

理事会の議事は,出席した理事の過半数を以ってこれを決める。可否同数であるときは議長の決するところに依る理事会は本会の最高決議機関とする。

第5章

第22条

会費は,法政大学理系同窓会会則による。

第23条

本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わるものとする。

第24条

本会は役員その他の者より寄付を受付会の発展のために正当な運営をなすことができる。

第6章

第25条

会員が,その住所,勤務先を変更したときは速やかに本会に通知しなければならない。

第26条

本会則に規定しない細則は理事会の決議を以て別にこれを定める。